企業向け

企業向け詳細

スタッフを信じること


IMG_4249

 

仕事において、

スタッフを信じることは、すべてを任せることです。

 

すべてを任せるというのは、

スタッフにきちんと責務を与えることです。

 

ミスが多発した場合、

そのミスが起きる原因をきちんとみずに、

別の対策を実施することがあります。

 

たとえば、

ミスを防ぐために、きちんと原因を確認せずに

チェック機能をつけたとします。

 

そうすると、

ミスはなくなるどころか、ますます多発します。

 

なぜかというと、

そのチェック機能により、本来の責務が曖昧になるからです。

 

 

本来の仕事以外の、チェックをする仕事や

チェックを行うための時間もかかります。

 

そのため、チェックすることで、

逆に仕事量が増え、仕事が煩雑になっていきます。

 

さらにミスがわかったときに

フィードバックを受けることで、

やっていた仕事が中断され、ミスを指摘されたことで

スタッフによっては舞い上がり、

さらにミスを連発させてしまうことにもつながるのです。

 

ミスが起きた場合は、どうしたらミスが起きなくなるかではなく、

なぜミスが起きるのかという原因をまずはきちんと知ることです。

 

そうすれば、本当に必要な対策ができます。

 

 

安易にチェック機能をつけるのではなく、

スタッフが責務をまっとうできるような仕組みにしましょう。

 

スタッフがきちんと責務をまっとうすることで、

スタッフの仕事の能力を引き出し、意欲を引き出し、

周りと連携しながら、仕事を遂行できるようにしましょう。

 

そうすれば、スタッフはきっといままでにないチカラを発揮してくれ、

会社のために率先して仕事を行うようになるでしょう。

 

 

 

責務をまっとうする 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る