運気を上げるコツ

健康詳細

医者の不養生


17353216_1317513741668845_1909280510378657091_n

 

あなたはあてはまっていませんか?

 

人に養生を勧める医者が、自分は健康に注意しない

『医者の不養生』ということわざがありますが、

人のことはできても、自分のことは

ついついおざなりにしてしまう人が多いように思います。

 

毎月コラーゲン整体の和道先生をお呼びしてますが、

イベントに出たときに同業者の方、

たとえばマッサージや整体の仕事をしている方

また、私のようにカウンセリングやセラピーの仕事をしている方は

自分のことを棚にあげて、人のことばかりやってる人が多いものです。

 

仕事だからといえばそれまでですが、

自分のことを顧みずに、人にばかりして自分が身体を壊すというのは

本来の生き方とは違う気がします。

 

 

本来は、人にすればするほど自分も元気になる

それこそが正しい在り方です。

 

人にすればするほど自らが元気になっていくのが

本来の姿です。

 

ところが、がんばり過ぎで、

自分の身体を壊している人が非常に多いのです。

 

それで身体を壊しては、元も子もなく、

それこそ『医者の不養生』と言われてもしかたないですね。

 

 

自分ですべてできると思わないことです。

 

私自身も自分でできることは自分でしますが、

できないことは人のチカラを素直に借ります。

 

こころや意識のことは自分でできても、

直接身体にアタックして、カタチから整えることを

物理的に自分ではできないからこそ、和道の手が必要なのです。

 

中からも外からもバランスよく整えてこそ、

スムーズに早く整っていきます。

 

もう年だからと年のせいにしたり、

あの人はああだからと人のせいにしたり、

そして、自らをきちんと顧みることができない人は

どんどん身体やこころが頑になって動かなくなっていくのです。

 

 

自分でできないことは人のチカラを素直に借りることです。

 

そして、何事においても

年のせい、人のせい、ありとあらゆる外部のせいにしないことです。

 

取り返しのつかなくなる前に

きちんと自分の身体とこころ、そして意識のケアをしましょう。

 

 

 

 

 

身体・こころ・意識のバランスを整える 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る