運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

公益資本主義に思うこと


20728019_1468797389873812_3125308622913279924_n

 

他力本願に対して、どういうイメージを持っていますか?

 

以前、ブログにも「他力本願の本当の意味」というタイトルで記載しましたが、 

もし、人のチカラを借りて、自分は楽をするというふうにとらえて

他力、人のチカラを借りることを拒んでいる人

非常に辛い、苦しい人生を送るハメになります。 

 

人のチカラを大いに借りて、自分ができないところは人にお願いし、

また自分ができるところは率先して動く人は

非常に豊かで楽しい人生を送ることになります。

 

 

本来の他力本願の意味

 

本来の他力本願の意味は、人のチカラを借りて、つまり人からの応援や

また人のチカラをうまく活用、活かして本来の願いを叶えること、

つまりは、自分の夢 それも公益の世の中に役立つような願いを叶えることをいいます。

 

けして、他力本願は悪いことではないのです。

 

むしろ、他力をうまく活用、活かせてこそ、

また人からの応援をたくさんいただいてこそ、大きな夢が叶うのです。

 

 

公益資本主義という言葉を聞いたことがありますか?

 

通常の資本主義、いまの日本経済は株式資本主義ですが、

公益資本主義とは、利益を求める欲望経済を利用しながらも、

社会にとって有用な企業を全世界に生み出す流れを起こしていく経済システムのことです。

 

大きな、世の中のお役にたつような夢や願いは

ひとりで達成することはけしてできません。

 

ただし、ひとりから始まる世の中のお役に立ちたいという

強い思いがなければ、何も始まりません。

 

 

小我で生きるのではなく、大我で生きましょう。

 

世界が平和で、もっと幸せになりたいのなら、

小我、自分の利だけのために生きるのではなく、

大我、自分の大きな利、自分の周りにいる多くの人の幸せに結びつく利で

生きていきましょう。

 

この大我の思いをひとりひとりがもつことができれば、

世界がいまより平和に、より幸せな方向へと向かっていくことは可能です。

 

ひとりの思いが、あなたの思いが世界を変えます。

 

大いに他力を活用して、活かして、生かして、生きましょう。

 

 

 

あなたの思いを叶えていく 福岡市のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る