運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

聴く耳をもつことのたいせつさ


20841140_1473892379364313_7398515501254652096_n

 

聴く耳をもつことは、非常にたいせつですね。

 

ついつい自分のことばかりを話したくて、話してしまうと、

相手が何を考えているのか、相手のことがわからなく、

また、相手から何も情報を得ることはできません。

 

もちろん、インプットしたことをアウトプットすることもたいせつですし、

アウトプットすることで、より自分の中での整理がついたり、腑に落ちることもあるのですが、

相手のことを知り、相手を受け止め、相手に信頼されるには、

相手の話を聴くのがいちばんです。

 

そして、相手の話を聴くために必要なことは、

相手が話しているときには、ただひたすら相手の話を聴くに徹することです。

 

 

ひたすら相手の話を聴くに徹するためには

 

1、あいづち、うなづき、繰り返し 以外の言葉は使わない

2、質問を投げかける

3、笑顔で聴く

 

というありきたりな3原則がありますが、

実はこれよりもたいせつなことがあります。

 

それは、自分の考えや思いをいったん脇に置くことです。

 

自分の考えや思いでいっぱいでいると、

相手の話はけして耳から入ってきませんし、

何か相手が言うたびに、そうそう私もそうだったと

つい相手の話を遮ったり、横やりいれてしまうものです。

 

そして、ゆったりとした気持ちで、ゆとりをもつこと、

そのためには、ゆっくりとした呼吸をこころがけることです。

 

そうすることで、相手の話を聴く環境が自分の中で整います。

 

 

相手の話をしっかり聴くことで得られるもの

 

1、相手から好かれる

2、相手から信頼される

3、ときに、有益な情報を得ることができる

 

自分のことばかり話したがって、相手の話を聴かないことで

もしかしたら、上記の機会を失ってしまうかもしれません。

 

相手の話をしっかり聴くことは、

相手から好かれる、信頼される自分になるということです。

 

そして、ときに有益な情報がもらえて、運気アップにもつながるのです。

 

情報、ご縁は人から流れてくるからこそ、

相手の話に耳を傾けること、聴く耳をもつことがたいせつですね。

 

 

 

 

好かれて信頼される自分になる 潜在意識専門カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る