運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

思いの人生


20953549_1477225095697708_4863921354331453686_n

 

すべては思いありきです。

 

何をするにおいても、

どういう思いでするかがいちばん重要です。

 

どんな思いが込められているかで、まったく同じことをしていたとしても

相手に伝わるものは異なり、結果がまるっきり違ってきます。

 

たとえば、毎日お料理するお母さんたちはわかると思うのですが、

イライラしながら作るときのお料理と

ゆったり落ち着いた気持ちで作る料理とでは確実に味が違ってきます。

 

イライラしながら作ると、調味料のさじ加減がいまひとつ決まらず、

塩辛くなってしまったり、逆に何か物足りない味になったり、

美味しいと思えない、雑な味に仕上がることがあります。

 

それとは対照的に、ゆっくりていねいにこころ落ち着いて作るお料理は

作った本人も美味しいと感じる絶妙な味加減で出来上がることがあります。

 

どうしてこうまで差が出るのでしょうか?

それは、必ずそのときどきの思いがそこに乗るからです。

 

 

意…こころの動き、

思っていることや気持ちがそこに乗ります。

 

生命が宿るとか、神が宿るというように、

思いは必ず宿ります。

 

よく言われる、やり方ではなく在り方と言われるゆえんはここにあります。

 

だからこそ、どんなに行動やしぐさだけを整えたとしても

また、言葉を飾り立てたとしても、その思いはしっかりそこはかとなく

どこかしらにじみ出るのです。

 

思いがなくて、単に行動やしぐさ、言葉を整えても

何かしら違和感を感じたりするものです。

 

もちろん、カタチから入って、こころがついてくるということもありますが、

その場合もそうなりたいと願う思いがあってこそのものですね。

 

 

思いをもった上でカタチを整えていくことが重要です。

 

思いがあってもそれがカタチに表れなければ気づいてもらえなかったり

わかってもらえなかったりします。

 

もちろん、気づいてもらえなかったり、わかってもらえなかったとしても、

思いをもって、日々をたいせつに生きていれば、

おのずと伝わっていくものです。

 

小手先だけにとらわれず、自分の思いをしっかり乗せて、

願う人生を創り出していきましょう。

 

 

 

 
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る