運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

『発酵道』からみる人生の歩み方


22281815_1515486951871522_1178134357524744968_n

 

寺田本家の『発酵道』という本を知っていますか?

 

原点に返った酒造りをすることで、話題のお酒を造り出している

千葉県の蔵元の酒造りからの学びのストーリーが描かれている本です。

 

この本では、酒蔵の微生物の世界から、自然界のバランスの取り方、

争いのない調和の世界をかいま観ることができます。

 

どんどん高齢化社会がすすんで、グローバル化が進んでいくと、

昔のような高度成長はありえなく、どちらかというと時代の流れからみても

上がっていくだけの生き方よりも下って降りていく生き方のほうが

これからの世界を生きていくのにはピッタリだなと感じるのですが、

自然に寄り添って生きることのたいせつさを教えてくれています。

 

 

生きていく上で、たいせつなバランス力を磨くこと

 

バランスをとりながら、生きていくためにたいせつなのは、

正誤、善悪などの二元的な考え方、とらえ方、見方をするのではなく、

フラットに自分にとってどうなのかということをしっかり見極めることです。

 

利潤だけを追及する生き方や

いいものだけで悪いものは排他するというような生き方をしていると、

どんどん生きづらくなってきます。

 

自然界同様、いい悪いではなく、

存在そのものを認め、その存在をどう活かしていくかが非常にたいせつになります。

 

それこそが、個を認め、個を活かし、個を輝かせることにつながるからです。

 

 

腐敗ではなく、発酵させていくこと

 

同じ活動でも腐敗させるのか、発酵させるのかで

出来上がる結果が異なります。

 

同じ活動ならば、腐敗ではなく深く熟成させて発酵させていきたいもの。

 

そのためにも、思いや意識を整えて、

その思いや意識で生きていくだけでいいのです。

 

自分の中の世界、外の世界のバランスがとれるようになってこそ、

人生は大きく幸せな方向へと転換していきます。

 

ゆっくりじっくり向き合って、発酵させていきましょう。

 

 

 

自然と向き合って生きる 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る