運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

【福岡・女性・心理カウンセリング】受けやすい体質を改善する


23473175_1548382948581922_3058903696498233828_n

 

世の中には、いろんなモノを受けてしまう人がいますね。

 

人ごみの中にいると尋常じゃないくらいにぐったり疲れたり、

敏感な人は、なぜか通れない道や足を踏み入れることができない場所があったりします。

 

また、人によっては取り憑かれたかのように、

自分じゃない性格に豹変してしまうなんてこともあったりします。

 

実際、クライエントの息子さんがときどき何かに憑かれたかのように

豹変するということで、1度カウンセリングさせていただいたこともあります。

 

こんなことを言うと、うさん臭いと思う人や

ありえないと思う人、逆に怖いという人もいるかと思いますが、

誰しも気づいてないだけで、日常茶飯事 どこにでもいますし、どこででも起きます。

 

 

では、受けるということはどういうことなのでしょうか?

 

受けるというのは、実は特別なことではなくて、

誰しもいろんなエネルギーを大なり、小なり生きている中で受けています。

 

基本、人と交流する際は、お互いのエネルギー交換(交流)をするため、

自分も何かを人に与えていますし、相手からも何かを受け取っています。

 

それが自分に合っていれば、気持ちいいと感じますし、

合わないモノであれば、なんとなくイヤな感じや不具合を感じます。

 

とはいえ、あまりにも違和感や合わないというモノを感じると

その反応はそのまま身体に出るため、

人によっては辛い、キツい、疲れたと感じることになります。

 

では、そういう受けやすさは改善できないのかというと、

この受けやすい体質は確実に改善することが可能です。

 

 

受けやすい体質を以下の4つのタイプにわけてみました。

 

いずれも症状としては、疲れやすい、情緒不安定、体調を崩しやすいなどがあります。

 

1、自分が憑かれるタイプ

  自分軸がたってない、メンタルが弱かったり、

  ネガティブなモノを抱えている人に多いのですが、何かに憑依されるという現象です。

  身体が筋肉痛で疲れるというよりは、心身ともにぐったりする場合は注意です。

 

2、自分が感じて受けるタイプ

  霊感や感受性が強い人に多く、

  それゆえに自分のモノでないエネルギーに左右されます。

 

3、集合意識を感じるタイプ

  優しい人や優柔不断な人に多いのですが、

  全体の意識や周りの思考に左右されます。

 

4、ある特定の人の影響を受けるタイプ

  いつもは受けることがないのに、

  自分とよく似たタイプの人や似た経験をしたことのある人から

  受けることがあります。 

 

これらは、単体の場合もあれば、複合的なタイプの人もいます。

 

 

受けないようにするために

 

では、どうしたら受けないようにすることができるでしょうか?

 

まるっきり受けないようにすることは難しいかもしれません。

なぜかというと、2〜4のタイプは、人によって受ける内容が異なるからです。

 

しかし、かなりの確率で受けない体質へと改善することはできます。

その方法として、下記の3つがあります。

 

1、メンタルを強くする

  ブレないこころを作ること、感情に振り回されないことです。

 

2、自分の気のエネルギーを高めておく

  変なところにはいかない、変な人には近づかない、

  君子危うきに近寄らずです。

  また、自分のエネルギーを高めるために、

  常に笑顔でいることも重要になってきます。

 

3、意識を整える

  同じ周波数だから、引き合う、つまり受けるのです。

  そのため、意識を整えて、変なモノとは違う意識でいることが重要になります。

  これができれば、上記の1、2は必要なく、意識を整えるだけで大丈夫です。

 

 

体質改善は可能でしょうか?

 

さて、カウンセリングさせていただいたクライエントの息子さんですが、

その後、お母様によれば、彼が豹変することはなくなったそうです。

 

カウンセリングで変なモノと引き合う潜在的な意識を整えたために、

彼の受けやすい体質が変わったからでしょう。

 

人によって、カウンセリング回数は異なりますが、

確実に憑依するような受け方をしてしまう体質の人は

潜在意識を整えることで、受けない体質にすることは可能です。

 

しょっちゅう受ける、憑かれるといった人は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

受けにくい体質にする 潜在意識専門のカウンセリングなら Blue Rise  

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る