運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

【福岡・女性・心理カウンセリング】手放したときに得られるモノ


23659678_1558132774273606_6017590626147320073_n

 

あなたは欲しいと思う未来がありますか?

 

たとえば、仕事の成功だったり、好きな人と結ばれることだったり、

可愛い我が子の誕生だったり。

 

何かしら、願う未来がありますか?

 

なのに、手に入らないと思い込んで

意気消沈して前に進まなかったり、進めなかったり。

 

はたまた、必死でどうにかして手に入れようと

もがいて、かけずり回って、苦しんだり。

 

欲しい未来を手に入れよう、手に入れようと

思えば思うほど、その未来が遠ざかっているように感じることはないでしょうか?

 

 

我が欲するのか、魂が願うのかの違い

 

なぜそういうことが起きるのかというと、

魂が願っているのではなく、あなたの我が欲しているからです。

 

つまり、本当のあなたは欲していなくて、

あなたのモノである頭だったり、こころだったりが

欲しているにすぎないのです。

 

我ではなく、本当のあなたが欲しているのであれば、

自然と手に入る流れがやってくるものです。

 

そんなに簡単に手に入るものではないと思うかもしれません。

 

しかしながら、我で生きずに、魂で生きることができるようになったら

自然と願う人生を生きることができるようになります。

 

 

我を手放すということ

 

願う人生を引き起こしたいというクライエントに

よく言うことがあります。

 

それは、願う人生の邪魔をしている思い込みや観念を

いらないと決めることです。

 

ところが、願う人生を邪魔している思い込みや観念をいらないといいながらも

中途半端に受けている方や信じてくださらない方は

願う人生を邪魔している思い込みや観念をいらないといいながらも

完全に手放していないことがあるのです。

 

 

完全に手放さない限りは、願う人生は手に入らないものです。

 

なぜかというと、完全に手放さない限りは

どこかでエネルギーがつながっているからです。

 

たとえば、ある病気をいらないと決めたとします。

 

でも、その病気があることで得をしていると感じることが

そのクライエントにあったとしたら、その病気はけしてそのクライエントから

外れることはありません。

 

その病気があることで、一生守ってくれるという愛する人がいる場合

万が一病気がよくなったら、もしかすると、一生守ってくれる人が

自分から去っていくかもしれないという恐怖や不安を潜在的に持っていた場合、

つまり病気の自分を愛してくれていると潜在的に勘違いしている場合は

けして、本人がどんなに病気を手放したいと思っていても、手放せないのです。

 

また、その病気があることで無料で治療が受けられるという保障があったり

たいした収入がなくても、経済的に守られているような場合は

その病気がよくなることで、経済的な心配や生きていく不安が出てくると潜在的に感じている場合は

上記同様、けして、病気を手放すことはできないのです。

 

または、その病気があることで、

みんなが心配してくれるという愛をもらえてる場合は

これまた、病気がよくなると、自分に対して向けられているみんなからの関心の目がなくなるため

病気を手放すことはできないのです。

 

本当に手放したいのなら、それらの思い 

不安・恐怖・心配といった思いすべてを解消しない限り

けして完全にその現象を手放すことはできません。

 

 

魂が願っているのは、そんな我を手放して

本来の自分で生きることです。

 

上記のようないらない思い 我を手放した先にあるモノは

あなたの魂が願っている、本来のあなたの人生です。

 

我でなく、本来のあるがままの魂で、

あなたが願う人生を引き起こしていきましょう。

 

 

 

あなたの願う人生を引き起こす 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る