運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

こころが織りなす感じ方


31958678_1732517856835096_3246548981429305344_n

 

すぐにかんたんに手に入るものほど、

人は軽視しすぎる嫌いがあります。

 

なかなか手に入らないから、

思い焦がれて、思いが募る期間が長ければ長いほど執着し、

たいせつにする傾向があります。

 

すぐに手に入れたいのに、手に入らないから、

やきもきし、どうにか手に入れようと手を尽くします。

 

同じものでもかんたんに手に入るものは

ときにそのまま存在すら忘れてしまい、

なかなか手に入らなかったものが手に入ったときの喜びは大きく

たいせつにします。

 

同じものでもこうも違うのは、

そこにかける思いの強さや期間が比例するからかもしれません。

 

 

価格も同じく比例します。

 

値段が高いものほど人はより満足を感じ、

値段が低いものほど満足感が低いということがあります。

 

たとえば、まるっきり同じサービス、同じものでも

値段が高いほど、その値段分の価値を支払ったという

ステータスに満足するのでしょう。

 

もちろん、これはサービスの質や内容がほぼ変わらないという前提があってのことですが、

支払う価格によって感じ方が異なるのは

それだけの値段を払うことのできる自分に対しての満足感や自己肯定感が

そのままサービスの満足に比例してしまうせいかもしれません。

 

高いものほどたいせつに扱い、低いものほど粗雑に扱ってしまう

お金や時間のかけ方によって、扱い方が変わるというのは、

非常に不思議な現象のように感じます。

 

 

小さなこと、当たり前のことに感謝することが難しいのは、

こころが持つこのような感覚のせいかもしれません。

 

日々の小さなことよりも、

普段なかなかないような大きなことのほうがすごいことのように錯覚し、

当たり前のことよりも、

たまにしか起きない特別なことのほうが素晴らしいと思ってしまう、

日々の小さなこと、当たり前のことをおざなりにしてしまうから、

痛い目にあうのかもしれません。

 

事の大小や日常と非日常などの区別せずに

常に小さなことでも感謝し喜びを感じて生きていけたら、

より毎日の生活は楽しく、充実してくるでしょう。

 

特別が素晴らしいのではなくて、毎日が素晴らしいのです。

日々を楽しく過ごせるかどうかは、ほんの思い違い

思いをどこに寄せるかの違いだけかもしれません。

 

 

 

毎日の生活を楽しむ 潜在意識専門のカウンせリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る