運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

人の数だけ幸せがある


39984662_1887373948016152_4652306659471785984_n

 

人の数だけ幸せがあります。

 

幸せのカタチは人それぞれ個性同様

異なるものです。

 

確かにお金がないよりはあったほうがいいでしょうし、

五体満足とはいえど、顔や身体は整っているほうがいいでしょうし、

能力もないよりはあったほうがいいでしょう。

 

しかし、それらは人が感じる幸せにおいて、絶対必須条件ではなく、

ないよりはあったほうがいいという比較条件にすぎません。

 

そして、人によっては、別になくても支障がなかったりします。

 

絶対欲しいと遮二無二に手に入れようとする人もいるかもしれませんが、

それがないと幸せになれない、それがないと幸せではないと決めてしまえば

その思いが足かせになります。

 

 

お金や見た目や能力に執着すると、

なんとも不自由な制限つきの幸せになってしまいます。

 

そして、上記のものがすべて手に入ったからといっても

それで本当に幸せかというと、それは別問題です。

 

それらが手に入ったとしても、

自分が幸せと感じない限りは、幸せではないからです。

 

どんなにお金や見た目、能力を手に入れたとしても、

人によっては手に入れたものに関して、関心が薄れ、

また次の獲物を狙うかのごとく、貪欲に追い求めていくかもしれません。

 

たとえば、容姿でいうと、若さの維持やカタチを整えるために、

整形手術をすればするほど、時の経過とともに、崩れて、

元に戻らなくなります。

 

そしてさらには、崩れていく顔をどうにかしようと、

さらにやっきになって整形を繰り返し、

苦しみの連鎖を自ら生み出してしまうのです。

 

 

お金に関しても、必要以上に持たないほうが

逆に幸せかもしれません。

 

いっぱい持ちすぎると、人によっては執着が増し、

失う不安にこころが苛まれ、落ち着かなくなるでしょう。

また、持ちすぎると、管理を必要とします。

 

すべてにおいて、ほどほどがちょうどいいのかもしれません。

 

なくても苦しい、あっても大変であれば、

何でもほどほど、人並みが楽と感じることでしょう。

 

そのため、日本人は周りと足並みを揃え、

突き出ることをしないのかもしれません。

 

 

では、人並みが本当に楽かというと、

今度は、みんなと同じことに満足できない人が出てきます。

 

自分の個を追求し、自己実現や自己成長を喜びとする人たちです。

 

もし、自分の個を追求して、突き出たとしても、執着を手放し、感謝で、

常に高い意識で生きていけたら、さらに幸せ度合いは大きくなっていくでしょう。

 

自分の在り方をしっかりみつめて、

自らの幸せのカタチを創り出していきましょう。

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る