運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

動きたくなるまで待つ


33087686_1748668885219993_3288442174038867968_n

 

動きたくなるまで待つというと、

非常に消極的に捉えるかもしれません。

 

しかし、動きたくないのに、

また動けないのに、動こうとしても、それは無理というものです。

 

よく登校拒否のお子様の悩みでお母様からご相談いただきますが、

お子様が何らかの理由、ないしは理由なく行きたくないのに

無理に行かせようとしても、また子供が学校に行きたがらない、

行かないと悩んでも仕方のないことです。

 

むしろ、なぜ行かせたいのか、なぜ行かないといけないのか、

そして、子供が学校に行かないこと、行けないことに対して

なぜそうも執着するのかをしっかりみて、

お子様よりもお母様のその思いや意識を整えていくことのほうがたいせつです。

 

 

型にはめようとしないことです。

 

確かに学校で学ぶことは得難い経験もたくさんあります。

 

ですが、当の本人が行きたいと思わない以上、

そこに無理矢理行かせようとこころや頭を悩ますよりも

学校に行かなくても、学校に行かない代わりに、

別の得難い経験を子供に与えるという選択もあります。

 

確かに、自分の子供が普通と違うと思うと、

矢も盾もたまらなくなるかもしれません。

 

しかし、普通であるということがいいのかというと、

けしてそうではありません。

 

 

普通という概念自体を間違えて捉えているだけです。

 

普通でないということは、

それだけ個の特徴が他の子供よりも著しいだけです。

 

そこを認めるだけでもかなり気持ちが楽になってきます。

 

また、矢も盾もたまらないこころをカウンせリングすることで、

もし、私の子供は大丈夫と思えるようになり

何があっても振り回されないドシンとした感覚、軸を

お母様がもてるようになったら、お子様にも必ずいい影響を与えます。

 

 

外部の何かに振り回されないことです。

 

思いをかき乱されたり、起きたことに対して一喜一憂するから

辛いのであって、何があっても大丈夫と思えるようになると、

ほんのちょっとのことではビクともしなくなってきます。

 

そして、消極的と思われるかもしれませんが、

先に潜在的な意識をきちんと整えておくと、

時間が経つごとに、しっくり自分の中に自然に落ちていきます。

 

誤って捉えている意識をどうにか変えようとしても

表面的にはそう思いこむようにしても、なかなか変わらない場合があります。

 

もしも動きたくても動けなくて

何かがスムーズに流れていかないと思うなら、

まずは潜在意識から整えてみませんか?

 

きっとあなたの中にある潜在意識が整うことで

現実も確実に整っていきます。

 

 

 

願う未来を引き起こす 潜在意識専門のカウンせリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る