運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

病気と闘ってはいけない理由 NEW


36836420_1814041292016085_7837761801289728000_n

 

戦いのエネルギーは戦いしか生み出しません。

 

よくあの人はどうだとか、この人はああだとか、

人のことを攻撃したり、批判したりする人がいますが、

こういうエネルギーはお互いに戦いしか生み出しません。

 

ですから、このような過激な人ほど

常に戦いの相手を生み出します。

 

そのため、平和な人生は送れないといっても

過言ではないかもしれません。

 

もちろん、常に断固たる思いで戦いを挑んでいるからこそ、

闘う相手が必ず目の前に現れてくるのでしょう。

 

 

病気もこれと同じです。

 

身体やこころを蝕む病気はそれこそ、気が病むから生じます。

 

つまり、何かと常に闘っていたり、不安や不満を抱えているから、

気が病んで、現実に病気を産み出してしまうのです。

 

ガンは闘ってはいけない病気のひとつと言われます。

 

抗ガン剤でもちろん蘇生する方もいらっしゃいますが、

ほとんどの場合は、ガンと闘う気満々で頑張るから

同じように、ガンも抹消されてなるものかとつい意地になって頑張るのです。

 

 

頑張らなくていいのです。

 

頑なに頑張って、我を張らなくていいのです。

 

柳のように、ゆったりのんびり風になびいて

うまくかわして生きていけばよいのです。

 

マイペースに、それこそ誰からなんと言われようとも

自分は自分と腹くくって、言われたことやされたことに対して

大げさに反応しなくていいのです。

 

反応するから、相手はおもしろがって、

また何かしら文句やいちゃもんつけてきます。

 

自分の中にこれという1本通った軸があれば、

周りがどう思おうが、知ったことではないのです。

 

 

気にして騒ぐ必要はいっさいありません。

 

騒ぐから、知らない人までが知ることになり、

場合によっては、自ら恥の上塗りをしたり、自らを追いつめてしまうのです。

 

そして、場合によっては取り返しのつかない状態へと

追い込まれていきます。

 

けして、闘うことなかれ。

 

相手が仕掛けてくるから、仕方ないのではなく、

自分の中にある闘うエネルギーを転換することです。

 

 

では、どうしたら転換いいのでしょう。

 

戦いに目を向けずに、自分が願う人生を創造するためにできることに

邁進するのです。

 

これは人生において、いろんなステージで応用できます。

 

戦いだけでなく、目の前に囚われている、人生を悪くしていることに対して

目くじら立ててつつくのではなく、

むしろ、自分の人生をよりよくすることだけをみて、そこに邁進するのです。

 

末期ガンの患者さんでガンが消滅したという奇跡を生み出す人がいますが、

たいてい、そういう人の話を聞くと、ガンと闘うどころか、

ガンになったことを受け入れ、残りの人生をどう生きるかに専念し、

お世話になった方や自分の大切な人に恩返しを始めたことで、

いつの間にか気づいたら、ガンがなくなっていたということが起きてきます。

 

 

焦点をあてる先を

自分の人生をよりよくすることへとシフトチェンジすることです。

 

これこそ、闘うのではなく、自分の命をどうしたら全うできるかに

焦点を充てていくのです。

 

これこそが闘わずに勝利するただひとつの道です。

 

自分のこころを平和と愛いっぱいの人生へと

方向転換するからこその賜物と言えるでしょう。

 

けして、闘うことなかれ。

 

むしろ、受け入れ、自分の人生をたいせつに

自他ともに認め合い、自他ともに成長しあえる人生に

自ら意識を変えることで、あなたが願う人生を創造していきましょう。

 

 

 

自他ともに幸せな人生を創造する 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る