運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

腑に落とすには行動すること


42374607_1926908417396038_2797036364200148992_n

 

腑に落とすには、まずは行動することです。

 

腑に落とすということは、

腸(はらわた)に落とし込むことです。

 

昨今、腸は第2の脳ともいわれるように、

脳から独立して働くことができる唯一の臓器と言われています。

 

なぜかというと、人が誕生するときに初めに作られるのは

脳ではなく、腸だからです。

 

だから、後から作られる臓器とは異なり、

腸は唯一、脳より先にできた臓器として、

脳の監視下に置かれることなく、自立的に機能しています。

 

 

頭での理解よりも、

腑に落としたほうが理解が早いのです。

 

頭で理解して、行動するためには、

考えて組み立ててから動くため、時間がかかります。

 

そして、人によっては、頭で考えれば考えるほど

難しく感じて、動けなくなってしまいます。

 

そのため、頭でっかちな人は動かないし、動けないのです。

 

頭で考えるよりも、実際に行動したほうが早く

現実に直面しながら、考えていくので、理解度も深まります。

 

考えずに感じて動くからこそ、

頭よりも先に身体が動くからこそ、

腑=腸(はらわた)にすんなりと落ちていくのです。

 

 

命想メソッドのカウンテラピーは、

頭で考えずに、身体を感じて行います。

 

そのため、頭ではわかっていてもできないということが

自然にできるようになるというのは、

潜在意識を整理していくと同時に

必ず身体に、腑に落としていくからです。

 

現実に引き起こしていくには、必ず行動が伴います。

 

その際に、いちいち頭で考えていては、

反応が遅く、現実化するにも時間がかかります。

 

感じて、瞬時に動き、対応できるチカラこそ、

これからの情報化社会で生き残ることができ、

また、そのスピードについていくことができることでしょう。

 

 

 

願う人生を引き起こす 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise 

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る