運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

適度に発散する NEW


45455260_1984927258260820_8551342043102707712_n

 

身体やこころにいらない気を淀ませないためには

適度に発散することが必要です。

 

溜めるから淀み、

溜まるから苦しいのです。

 

そして、人によっては、

自らの溜め癖で、自ら淀ませてしまってます。

 

ときどき、いきなり爆発したかのように怒り出す人は

こころに不満を溜めすぎていたり、我慢しすぎていたり。

または、もともと人よりも不満や不足が多かったり。

 

不満や不足を創り出さないことがいちばんではありますが、

とはいえ、創ってしまったものを溜め込んでいては

身体にもこころにもよくないものです。

 

 

適度に発散することです。

 

その発散方法としては、身体でいうと、

無心になって、身体を動かすことです。

 

いちばんいいのは、お掃除です。

 

全身運動をしながら、身の回りの環境がきれいになります。

一石二鳥と言わざるを得ないでしょう。

 

そして、身の回りがきれいになることで

こころも軽く明るくすっきりします。

 

ということは、一石三鳥ですね。

 

 

こころの発散方法としては、ふたつあります。

 

ひとつは、笑うことです。

 

たとえば、コメディや落語や漫才などを聞いたり、

友人や家族と楽しい話をしたりして、

笑うことで、こころのもやもやが発散できます。

 

そして、笑うことで、幸せホルモンが分泌されて

こころが満たされて、いい気が循環していきます。

 

ふたつめの発散方法は、大きな声を出すことです。

 

いまはカラオケという便利なところがあります。

 

たまには、大きな声で、友人や家族と一緒に歌ってみる、

そうすると、気持ちよく弾けます。

 

しかし、これは、人によってはハードルが高い、

できない人もいることでしょう。

 

人前で大きな声を出して、歌を歌うと考えただけで、

イヤな気持ちになる人もいます。

 

これでは、逆効果ですから、できない人はムリにせずに、

ひとつめの方法で、ひとりでも映画や本などを活用して、

笑って発散することをおすすめします。

 

 

いちばんは溜めないことです。

 

普段からできることは、

しっかりと息を吐き出す呼吸法を取り入れることです。

 

いまの人は、ほとんどの人が深い呼吸ができていません。

 

深く吐いて、入ってくる必要な息だけを吸うという

シンプルでかつ、基本的な呼吸をすることで、

気は淀まずに、流れていきます。

 

丹田を使った深い呼吸を意識することで、

普段から溜めない人生を送りましょう。

 

そして、溜まったと思ったら、

しっかり発散、吐き出していきましょう。

 

 

 

淀まず溜めない人生を送る 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る