運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

自分の天性に落ち着く


46524042_2005373696216176_5390806387435503616_n

 

自分でいられるというのは、

本来の自分で生きることを言います。

 

現代において、自分らしくという言葉をよく使いますが、

あまりにもいまはこの言葉を多用しすぎます。

 

何をもって自分らしくなのか、

何が自分らしくなのか、はっきり言ってよくわかりません。

 

よくわからないから、自分が何者か迷うのです。

 

自分が自分であれば、

自分らしくある必要はいっさいないのです。

 

 

自分らしくあるということは

自分が自分でないと言っているようなものです。

 

だから、本来の自分を見失ってしまうのです。

 

挙げ句の果てに、

自分が何者なのか、わからなくなってしまうのです。

 

自分が自分であるということは

本来生まれもった能力が開花している状態で、

何者になろうという考えや

こうみえるのではないかという思いすら、何もないのです。

 

 

それこそが無です。

 

ただ、そこに自分がいる、

自在の状態が本来の自分である状態です。

 

無我といってもいいでしょう。

 

自分がそのままでいることに対して

何の考えも思いすらもなく、ただそこにいる

存在しているという状態です。

 

 

この状態になれてこそ、

本来の自分であるという原点に立ち返れるのです。

 

そして、最終的に、自分の天性に落ち着き、

善悪や正誤といった二元的な価値観で判断することなく

本来の自分を生きることができるのです。

 

では、その本来の自分とは何かというと、

統計学でいうところの、個性です。

 

そして、その個性に生まれてきた環境や育ってきた環境が

関わってきます。

 

本来の天性に落ち着き、生まれもった環境で育つ過程で、

いついかなるときも自分であってこそ、

初めて、あなたの個性が発揮され、輝きを増していくことでしょう。

 

 

 

本来の個で生きる 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る