運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

伝えると伝わるの違い


53004994_2150567735030104_1229484583762788352_n

 

どんなに伝えたつもりでも、

実際に相手に伝わってなければ、意味がありません。

 

伝えると伝わるの違いは

向いている方向は一緒でも大きな差があります。

 

そして、なんとなく伝わることはあれど、

きちんと伝えなければ、通常は伝わることはありません。

 

逆にきちんと伝えなければ、

誤ってとらえてしまったり、誤解してしまうでしょう。

 

もちろん、きちんと伝えたからといって、

きちんと伝わるかと言ったらそうではありません。

 

 

人それぞれとらえ方、感じ方が違うからです。

 

しかし、だからこそ、相手がどう思おうとも

きちんと伝えることはたいせつです。

 

伝えるというと、言葉だけで伝えるものと

思ってしまうかもしれません、

 

しかし、言葉以外で伝え、伝わることもあります。

 

表情だったり、態度だったり、

通常、ノンバーバルといわれる言語以外のコミュニケーションです。

 

伝わるものは言葉だけではないからこそ、

伝えたいと思う思いがたいせつなのです。

 

では、どうしたらいちばん伝わるのでしょうか。

 

 

自分の思いを自分の言葉で伝えることです。

 

また、自分の思いを自分の態度や行動で伝えることです。

 

どんなに言葉で伝えても、態度や行動が伴っていなければ、

ほんとにそうなのかと逆に疑われてしまうでしょう。

 

自分の思いを言葉で伝え、

自分の思いを態度や行動に落とし込むことです。

 

そうすれば、きっとあなたの思いは

きちんと伝わることでしょう。

 

伝えたければ、素直に自分の言葉にすること、

行動すること、これにつきます。

 

初めは伝わらないと思っても

言い続けていれば、行動し続けていれば、

きっとあなたの思いは相手に伝わることでしょう。

 

 

 

思いを伝える 潜在意識専門のカウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る