運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

表現方法で変わること


IMG_4112

 

言うと角が立ち、

言わないと理解してもらえないことがあります。

 

嫌ごとは誰しも聴きたくないし、

言いたくないものです。

 

嫌ごとを言うと、

言ったときは一旦スッキリするかもしれません。

 

しかし、必ずその後で、

痛いしっぺ 返しに会います。

 

そのため、できれば嫌ごとは表に出さないほうが

最終的に人間関係は上手くいくことになります。

 

 

ただし、思いは溜めないことです。

 

矛盾しているように感じるかもしれませんが、

嫌ごとは吐き出さずに、

しかしその嫌な思いは溜めないことです。

 

吐き出さずして、溜めないなんてことができるのかというと

難しいと思うかもしれませんが、カンタンです。

 

ただ、受け流すことです。

 

吐き出すから災いを引き起こし、

溜めるから自分が苦しい、となれば

一旦は受けるけれど、そのまま流してしまえばいいのです。

 

 

そして、逆に

言わないとわかってもらえないことがあります。

 

思いを自分の中に溜め込んで

周りに気ばかり使っていては

それこそ病んでしまうでしょう。

 

嫌ごととしてではなく、

素直に自分の思いや意見を言うことは

けして悪いことではありません。

 

ただ、感情的に相手を攻撃するような言い方をすると、

必ず疎まれてしまうでしょう。

 

自分の思いや意見を伝えるだけです。

 

相手を責めたり、文句を言ったりではなく

素直な気持ちを伝えるだけです。

 

そうすれば、溜まることなく

またわかってもらえないと嘆くことなく

上手く表現しながら、生きていけることでしょう。

 

 

 

願う人生を創造する  潜在意識専門のカウンセリングなら、Blue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る