運気を上げるコツ

運気を上げるコツ詳細

普通であることを良しとする


4661883E-B691-499E-A15D-AB1607021A44

 

いまの日本は普通であることを

良しとするきらいがあります。

 

そのため、普通でない人に対して過剰に反応をし、

ちょっとでも異常があると、病名を当てはめ、

薬で抑えようとしたり、普通でない扱いをします。

 

しかし、普通であるとはどういうことなのでしょうか。

 

日本で一般的に言う、普通の人とは、、、

右向けと言ったら右を向く、言われたことを素直にする、

歯向かわずに言われたとおりに、

とりあえず言われたことを理解してやる人たちのことです。

 

枠の中で生きる人生に何の疑問も持たずに

また、普通であること、みんなと一緒であることに安心感を覚え

みんなと一緒であることを好む人たちのことです。

 

 

いまの日本社会には、

そういう人たちが大多数を占めています。

 

本当に大多数を占めているかというと、

心の奥底ではそう思ってない人も多々いるかもしれません。

 

しかし、それを表に表す人はきっと少ないでしょう。

 

長いものに巻かれるように、大多数の意見に押されて、

本来の自分が出せない人が多いかもしれません。

 

もちろん、それに気づいてない人たちもいることでしょう。

 

 

気づいてない人のほうが逆に幸せかもしれません。

 

一度気づいてしまうと

もうそこにはいられないくらいの何かを感じて

不登校の子供のようになってしまう可能性もあるからです。

 

ないしは、自分がそこには合わないという感覚を

ずっと持ち続けたまま、息苦しいかもしれないからです。

 

でも気づいてしまった以上、もうそのままではいられません。

 

 

普通であるのではなく、自分自身でありましょう。

 

人それぞれ個性があります。

 

何かの枠にピタっとはめることのほうが

難しいのです。

 

だからこそ、普通であるのではなく、

自分の感覚をたいせつにして、

自分の人生をたいせつに生きていきましょう。

 

 

 

自分自身を生きる 潜在意識専門の心理カウンセリングならBlue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る