お客様体験談

お客様体験談詳細

カウンセリングの珍事


IMG_3903

 

とうとう起きてしまいました。

 

何かというと、カウンセリング中にクライアントが爆睡、

カウンセリングが終わっても起きていただけないという事態が発生してしまいました。

 

通常セラピーやエステなど、身体のメンテナンスではよく

セッション中や施術中に爆睡してしまうということがありますが、

Blue Riseのカウンセリングでも同様に、カウンセリング中に

クライアントが眠ってしまうということがよくあります。

 

珍事というよりも、Blue Riseのカウンセリングでは当たり前のことなのですが、

カウンセリング最中に、クライアントが癒されすぎて眠り込んでしまう

ないしは、ものすごい睡魔に襲われてしまうということが多々起きるのです。

 

 

が、ついに、起こしても起きないという深い眠りにまで

入っていかれたのでした。

 

特に最近はその頻度が高く、いい具合にカウンセリング中に眠ったり、

カウンセリングが終わった後に、お昼寝タイムが必要なくらい眠気に襲われたりするようです。

 

以前初めて受けていただいた方はまるで催眠術をかけられているかのように

ものすごい眠気に襲われて、カウンセリング中に起きているのが

精一杯だったという感想までいただいたほどでした。

 

しかしながら、起こしても起きない深い眠りは初めてのことで

今回、たまたまスカイプでのカウンセリングセッションだったこと、

いつも受けていただくクライアントだったこともあり、

スカイプにメッセージを残して、無事終了したのでした。

 

 

Blue Riseのカウンセリングはセラピー要素が含まれてます。

 

Blue Riseのカウンセリングは、クライアントの潜在意識に働きかけて

身体、こころ、意識のバランスを整えていくという、

セラピー要素を含んだ特別なカウンセリング手法なため、眠くなったり、

うとうとした感じになることがあります。

 

むしろ、眠くなるのは非常に良い反応なのですが、

それにしても最近はそれが顕著に現れるようになってきて、

私としても嬉しいような、複雑な気持ちでいっぱいです。

 

せっかくいい気持ちで眠っているのに

カウンセリングが終わると、起こさないといけなかったり、

座ったまま、けだるそうにしているのをみるのはなんとも気の毒な感じがしてしまうのでした。

 

スカイプやお電話でしている場合は

クライアントのご自宅だったりするのでまだいいのですが、

サロンにお越しの場合は、ちょっとツラいかもしれません。

 

 

ただし、受けていただく方全員がそうなる訳ではありません。

 

もちろん、全員がそうなる訳ではありません。

人によって、カウンセリングする内容によっても、異なります。

なので、ご安心くださいね。

 

ただ、セラピー要素を含んでおり、潜在意識に働きかけていくという点で

トロトロとまどろんで眠くなっていただくほうがベストな受け方になります。

 

 

 

 

セラピー要素も含む、癒しのカウンセリングなら、Blue Rise

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る